育毛

抗がん剤の影響で脱毛になる原因

抗がん剤の副作用で脱毛になる原因は、多くの抗がん剤ががん細胞が細胞分裂をするタイミングを狙って攻撃をします。正常な細胞より細胞分裂している活発な細胞は、攻撃を多く受けます。しかし正常の細胞の中にも細胞分裂のペースが速いものがあり、それが毛根細胞です。毛根細胞は抗がん剤のダメージを受けるので、脱毛が起こるのです。脱毛が起こるまでの期間は、治療を開始してから2週間程経つと起こります。一気に抜けるのではなく、数週間かけて脱毛していきます。治療中に細い毛が生える事もあるが、直ぐに抜けていきます。発毛するまでの期間は、ほとんどが治療が終わると髪は生えてきます。治療終了後から3から6か月経つと発毛が始まってきます。最初の頃は毛の質と太さと色が変わり、以前の髪質に戻るには1年から数年かかります。脱毛が起こりやすい時期には、かつらを準備するように医師から提案される場合もあります。時間と体力のある治療前に準備をするようにして、副作用で動けなくなった時に困らないようにします。帽子やバンダナを被るのも、脱毛した髪の毛を隠す事が出来ます。洗髪はシャンプーは肌に残らないようにして、熱いシャワーを浴びると刺激になるので避けるようにします。

シムフォート

育毛

プロテインで薄毛予防をする

プロテインの成分はタンパク質であるので、髪の毛が健康になる事が期待出来ます。プロテインは薬ではないので、飲むだけで髪の毛が生えるわけではないです。髪の毛のためにはプロテインだけではなく、亜鉛が配合されている育毛サプリを一緒に摂取する必要があります。育毛サプリに含まれている亜鉛には、体内のタンパク質を髪の毛の原料になるケラチンたんぱく質に変える働きがあります。プロテインは良質なタンパク質が配合されているので、亜鉛と組み合わせる事でより効率的な育毛が出来ます。夜寝る前にプロテインと育毛サプリの両方を飲んで質の高い睡眠を取ると、身体の内側から髪の毛が生えやすい環境を作れます。髪の毛は睡眠中に最も成長するので、就寝の2時間前に飲むのがお勧めです。プロテインと育毛サプリの組み合わせは非常に効果的で、1ヶ月半から2ヶ月くらいで効果が現れる人もいます。プロテインは食品であるので、副作用はないと思われやすいです。薬と比べると少ないが、全くないわけではないです。タンパク質は1日に摂取する上限があり、体重1キロ当たり1.5グラムになっています。適量を大幅に超えてしまうと、尿中のカルシウムが増加して尿道結石の原因にもなります。このため、適切な量は守るようにします。

シムフォート