育毛

抗がん剤の影響で脱毛になる原因

抗がん剤の副作用で脱毛になる原因は、多くの抗がん剤ががん細胞が細胞分裂をするタイミングを狙って攻撃をします。正常な細胞より細胞分裂している活発な細胞は、攻撃を多く受けます。しかし正常の細胞の中にも細胞分裂のペースが速いものがあり、それが毛根細胞です。毛根細胞は抗がん剤のダメージを受けるので、脱毛が起こるのです。脱毛が起こるまでの期間は、治療を開始してから2週間程経つと起こります。一気に抜けるのではなく、数週間かけて脱毛していきます。治療中に細い毛が生える事もあるが、直ぐに抜けていきます。発毛するまでの期間は、ほとんどが治療が終わると髪は生えてきます。治療終了後から3から6か月経つと発毛が始まってきます。最初の頃は毛の質と太さと色が変わり、以前の髪質に戻るには1年から数年かかります。脱毛が起こりやすい時期には、かつらを準備するように医師から提案される場合もあります。時間と体力のある治療前に準備をするようにして、副作用で動けなくなった時に困らないようにします。帽子やバンダナを被るのも、脱毛した髪の毛を隠す事が出来ます。洗髪はシャンプーは肌に残らないようにして、熱いシャワーを浴びると刺激になるので避けるようにします。

シムフォート